想いを胸に生きる

「鬱」の突破口

25年間小学校の教師をしてきました。

 

数年前から何やら子供たちとうまくいかなくなり、いろいろなストレスを感じるようになりました。

 

もういい年だったので「年下の先生」と組まされることばかりで「自分が失敗せず、下の者の助けにならねばならない」という事もプレッシャーとなっていたと思います。

 

 そんな中でとうとう家の者にも手を出したり、朝が来て仕事に行くのが怖くなるような日々がやってきました。

 

自分でも「今のままでは自分はおかしい」と思うようになり、「神経内科」で診察を受け「抑うつ神経症」簡単に言うと「」という病名をもらいました。

 

 

 その後も復職・休職を繰り返しましたが「子供の前に責任を持って立てない」と自分でわかり、自主退職することにしました。

 

収入は、結婚前から同業者だった妻に任せて、「専業主夫」としての生活を今は送っています。

 

 

 「鬱」は自分だけで「負のスパイラル」に入ってしまうような病気で、「収入がなくなった」「仕事がなくなった」という事で、外から聞こえる出勤する革靴の音が怖くなったり、掃除の途中、急に首にコードを巻きつけて「もう死んでしまおう」と考えたりする日々が続きました。

 

 

 そのたびに家族に迷惑をかけ、また「自己嫌悪」に陥り部屋で沈み込んでしまうという日々の繰り返しでした。

 

 

 しかし、何とか「医者のカウンセリング」と投薬、そして「家族の補助」によって、今は少しずつですが、波立つこころを鎮める方法を覚えつつあります。

 

 

 自分の今のイライラを文章にしてみる事で少し冷静になってみたり、いっそのこと何もしない日を作ってみたりと、様々な事をやってみました。

 

それでもいつも家族は、少し悲しそうな眼をしながらも、我慢してくれたり、「ダメな事はだめ」とはっきり言ってくれたりし続けてくれました。

 

 

 私の方も、「教師を辞めると全ておしまい」と最初は考えていました。

 

しかし、毎日買い物へ行くと、お店の人が働いていたり、ショッピングモールの中を掃除して回る人が居たり、スーパーの中でかごやキャーリーをいつも運んでいるおじさんが居たり・・・様々な人がいろいろな仕事をして世の中が成り立っているという事を、この年になって初めて本当に理解できた気がしました。

 

それならば家で洗濯物を干し、料理を考えて買い物をし、少しでも安く上げようと品物を選び、洗い物をして、次の日の朝には娘の弁当を作るという事もまた、誰かの役に立っている仕事なのだという事に初めて気が付きました。

 

 

 そんなことを経て、少しですが今の暮らしが安定してきています。

 

 とにかくなにかを始めてみる事、それが一つの突破口になるのだと思いました。

 

辛い時こそ自分を愛することが大切。
自分を大切にするためのスキンケア メディプラスゲル 通販